抗不安薬

効能が神経系に影響を及ぼす資金を受け取ることのバックグラウンドに対して低下または弱まった場合、それは驚くべきことではない。 ほぼすべての鎮静剤は、状態または勃起または性欲に影響を及ぼす。

鎮静剤の過度の使用は、永続的な眠気や疲労を引き起こす可能性があります。脳は常に「休息」の状態にあるため、心臓と筋肉は同じ状態になります。

これは体内の血液の流れが不十分になる可能性があります。一時的または永久的なインポテンスにつながる。

不適切な脳機能のために、性欲に問題があるかもしれません。その結果、インポテンツにつながる。

鎮静剤は効力に影響を及ぼす神経に直接影響を及ぼす。

したがって、神経の鎮静の過剰は、インポテンスを引き起こす可能性があります。 医師の処方量を観察することが重要です。

必ずしもそうではない鎮静剤の使用は、神経系を破壊する可能性がある。 これはまた、効率の問題を引き起こす。

場合によっては、鎮静作用もあまりにも激しい勃起を引き起こす可能性があります。それは早期の射精につながるでしょう。

早漏は男の精神状態に問題を引き起こす可能性があります。そして、これはインポテンスにつながる可能性があります。

コメントを残す